News

7/2(火)、埼玉・メッツァビレッジにカフェ ノルディクス by イッタラがOPEN!

2019年7月、埼玉県飯能市 “メッツァビレッジ”内に、イッタラがプロデュースするカフェ ノルディクス by イッタラが期間限定でオープンいたします。
夏休みを挟んで秋まで続く今回のカフェは、涼しさを感じられるメニューを取り揃え、さらに夏の夜を楽しめるバーも営業します。

妖しく光る“ウルティマツーレ グロウ”

フィンランド語で“北の極限”を意味する「ウルティマツーレ」。
溶けてゆくラップランドの氷をイメージし、極寒の森の中でタピオ・ヴィルカラによってデザインされたシリーズは、イッタラのグラスウェアの中でも独特の存在感を放っています。
今回この日本で北欧のライフスタイルを体感するメッツァビレッジのために、特殊な加工を施し、ブラックライトの下で妖しい光を放つ「ウルティマツーレ グロウ」を導入します。
また夕刻になればBar nordicsとして、バーメニューのサービスを始めます。
湖に夕陽が沈むと、ともされる明かりの下で、ピンクやオレンジに浮かび上がる「ウルティマツーレ グロウ」でカクテルをお楽しみいただけます。

朝露をイメージしたカステヘルミ、アアルトのボウルで味わうかき氷

7月からのカフェ ノルディクスは、イッタラらしい涼やかなメニューを取り揃えます。
イッタラの中でも日本女性に最も人気のある「カステヘルミ」や、長い年月の中でも淘汰されることのないデザインとして認められた「ティーマ」などがテーブルを演出します。
フィンランドの朝露の連なりをイメージした「カステヘルミ」でお召し上がりいただくティーソーダやパフェ、フロートは、目にも手のひらにも涼やか。
波をイメージしたともいわれるアルヴァ・アアルトデザインのボウルはかき氷に。
北欧ならではのサーモンなどを使った定番のパスタやスープも器を「ティーマ」に変えて、皆さまにお届けいたします。
森や湖がますます楽しめるこれからの季節から10月末まで、温かなメニューに冷たい味わいも加えて、皆さまのお越しをお待ちしております。



〈ノルディクス by イッタラ 〉
所在地:〒357-0001 埼玉県飯能市宮沢327-6
営業時間:  10:00-21:00
 *バーメニューは平日16時より、土日祝日は終日
運営期間: 2019年7月2日(火)より10月末予定
 *7/1(月)はブランド入れ替えの為臨時休業

このページで紹介しているアイテム(イメージ写真には、一部日本でお取扱いのない商品が含まれている場合がございます)