【3月17日(水)発売/イッタラ表参道 & オンライン限定】エッセンスの新しいサービングアイテムが登場

The Iittala Essence collection grows with serving items

2021年 3月17日、エッセンスの新しいサービングアイテムがイッタラ 表参道ストアとイッタラオンラインショップ限定で販売されます。

2001年にアルフレッド・ハベリによってデザインされたエッセンスグラス シリーズは、バランスの取れたエレガントでモダンなフォルムが特徴で、 イッタラで最も愛されているコレクションの一つです。発売から20 年を経た2021年の春、シリーズにサービングアイテムが加わります。ダークグレーガラスとホワイトセラミックから成る新しいアイテムは長年親しまれてきたエッセンスシリーズのドリンクウェアを補い、様々な シーンでエレガントな雰囲気を生み出し活躍してくれます。
エッセンスはグラスの種類をできる限り最小限に抑えながら、あらゆる種のワインに使えるようにというシンプルな発想から生まれました。

「このシリーズのアイデアは伝統と現代的な要素を兼ね備え、特別な日から日常 まで使用可能で、1 つで異なる用途に対 応できるバランスを作り出すことで た。要するに私はその中間にある本質を 見つけ出そうと試みたわけです」とアルフレッド・ハベリは言います。

このオリジナリティ溢れるコレクションは発売から20年経った今、イッタラで最も愛されるシリーズの一つとなりました。そして 2021年エッセンスシリーズはサービングアイテムを加え、あらゆるシーンに欠かせないコレクションとして完成します。
アルフレッド・ハベリは、エッセンスシリーズをデザインする上で従来のワイン グラスの形状を再構築し、ボウルの柔ら かな曲線を角張ったラインにして、先細 りのステムの上下を逆にして、湾曲した ベースを平らに設計しました。シンプルなフォルムがワインの楽しみを高めると考えたことから、エッセンスのガラスウェアはモダンでミニマルな形になりました。 その後何年にも渡りエッセンスのコレク ションはユニバーサルグラスやタンブラーなどの日常に欠かせないアイテムによ って拡張され、あらゆるシーンで機能するグラスとピッチャーのシリーズとなります。
エッセンスのワイングラスはステムのベ ースが全て同じ形状で、ボウルの部分は同じシルエットを保ちながらサイズが異 なります。そのため各グラスを並べて置 くと驚くほどバランスが良く統一感が生 まれます。

エッセンスはドイツの iF デザインアワー ドとフランスの Les Découvertes の賞を 受賞した世界で最も高く評価されている ガラス製品の一つです。
2021年、イッタラは同じくアルフレッ ド・ハベリによってデザインされたエ センスのサービングアイテムを加え、コ レクションを拡大します。サービングコ レクションは、アイテム数を最小限に抑 え、一つのものが様々な役割を果たし、 使う人によって自由に用途を生み出せるよう設計されています

「この新しいエッセンスシリーズはテー ブルウェアを現代的に解釈したもので す。日常にも特別な日にも欠かせないものになるでしょう」とハベリは言いま す。
エッセンスは日常使いからホームパーテ ィーやフォーマルなシーンまで、テーブ ル周りの全てのニーズに対応し、その表情豊かなデザインが個性的でエレガント なムードを演出してくれます。

この新しいサービングウェアには無地で 白いプレート、オーバルプレート、ボウ ル、小さなジャーの 4 つのセラミック製 品と、洗練されたダークグレーのガラス アイテム 3 種、ミディアムとスモールサ イズのボウル、そしてミディアムサイズ のプレートから成ります。ガラス製品の 底にはビームパターンが施されすっきり としたシリーズに個性をもたらしていま す。これらアイテムは様々な目的に適し ており特にチーズ、ペストリー、スイー ツ、ビスケット、フルーツ、ナッツ、デ ィップ、ソースなどを盛り付けるのに最適です。

「すっきりとしたセラミックのアイテム とガラスの色と質感の融合は控えめなが らも存在感を放ち、とても使い勝手の良 いテーブルウェアであると実感していた だけるはずです」とハベリは話します。

Effortless elegance

エッセンスシリーズは、世界中で最も知られているイッタラコレクションの一つ です。デザイン愛好家だけでなく美食家 にも愛されているこのコレクションは、 あらゆるシーンでエレガントな雰囲気を引き出してくれます。

友人を喜ばせたり、会話を楽しみながら ワインを味わったり、愛する人とのゆっ たりとしたディナーの時間を過ごす場合 でも、エッセンスのグラスとサービング アイテムはいつでも魅力的で上品な雰囲気を与えてくれるでしょう。

エッセンスの新しいサービングアイテムは2021年3月17日、日本ではイッタラ 表参道ストアとイッタラオンラインショ ップのみで販売されます。

デザイナー紹介 Alfredo Häberli

アルフレッド・ハベリ(1964-)は、スイ スのチューリッヒを拠点に活躍する世界 的に有名なスイス・アルゼンチン人プロダクトデザイナーです。

単純化しながらも時に独創的なデザイン を生み出すことで知られる彼の作品は、 同質的で汎用性がありトレンドに左右さ れず、素材やテクノロジー、時代そのも のを反映させた堅実で長く使うことので きる要素を醸し出しています。彼は魂と ユーモアを操りながらも現実を受け入れ るというユニークな能力と、独創性と革 新性を探求する絶え間ない努力において 賞賛されてきました。

これまでイソップ、アンドリューワール ド、アリアス、BMW、カンペール、クヴァ ドラ、ルーチェプラン、モローゾ、ヴィ トラなど世界を牽引する一流企業との仕 事を手がけており、イッタラとのコラボ レーションではエッセンスを始めオリ ゴ、センタシリーズで幅広い家庭用品を デザインしています。

その仕事とデザインはヨーロッパの様々 な展示会で発表され多くの賞を受賞して きました。2014 年にはスイスの文化庁が 主催するデザインコンペティションでグ ランプリに輝きました。