Lifestyle

「シンプル」の良さに目を向けて。今こそチャレンジしたい、断捨離のススメ

心機一転、暮らしをあらためたくなる春。
これから新生活がスタートするひとも、そうでないひとも、身の回りを整理整頓してすっきりしたくなる季節だ。

断捨離のファーストステップは、まず何をどれくらい持っているかを把握すること。
そして、「残しておくもの」「処分するもの」「誰かに譲るもの」に分け、新しい置き場所を決めていく。

部屋のあちこちに存在するカラフルな色や柄。
いつの間にか増えていく食器。

どれも気に入って買ったものだけれど、時間が経つにつれ出番の少なくなったものもちらほら。
その中で本当のお気に入りだけを手元に残して整理していくと、結局「シンプル」なものに集約されていく。

「シンプル」で「実用的」なものは流行に左右されることなく、いつだって暮らしに寄り添っていてくれる。

お気に入りの一つ、「シンプル」の代表格であるティーマは何年経っても飽きがこない。
だが、そこには、ただシンプルだから合わせる食器を選ばずに使いやすい、ということ以上の良さがあるように思う。
飽きずに使い続けるためには、やはり実用的であることがとても大切だ。とにかくタフで、多少荒っぽく扱っても大丈夫。

食洗機や電子レンジ、オーブンでも使えること、重ねてコンパクトに収納できることも、つい毎日手に取りたくなる理由のひとつ。
特徴的な柄や形ではなく、潔いほどにすっきりとしたデザインなので、何を盛り付けても映える。
それでいて、手になじむ温かみのある曲線や口あたりは計算しつくされた機能美であり、味気なさを感じることもない。

だからこそ、気がつけば暮らしになじみ、自然といつもそこにある存在になっていくのだろう。



整理整頓して余分なものを手放すと、片付けがラクになり、より自分好みの空間になる。
空間に余白ができることで、ディスプレイしたお気に入りの雑貨や絵も映える。

いろいろと削ぎ落としたことで、本当に大切なものだけに囲まれた暮らしの心地よさがあらためて見えてくる。
手放すのは少し勇気がいるけれど、この春は一歩踏み出してみてはいかが?

このページで紹介しているアイテム(イメージ写真には、一部日本でお取扱いのない商品が含まれている場合がございます)