Table time

家で飲むビールやウィスキーが氷の様に輝き、美味しく味わえるグラス「ウルティマ ツーレ」

ドリンクが氷の様に美しく輝き、格別の味わいに

ウルティマツーレは表面に細かい凹凸がデザインされている。まるで氷が溶けていくかのようにキラキラと輝き、儚げな雰囲気である。
氷と雪に囲まれたフィンランドの冬景色を彷彿とさせる凛とした佇まい。
iittala(イッタラ)のガラス食器のなかでもラインナップが豊富。オールド、コーディアル、ビア、ハイボール、ゴブレッド、スパークリングワイン、ホワイトワイン、レッドワインと、サイズ展開が充実しているため、用途に合わせて選ぶことができるのがうれしいところ。
ロックグラスにウィスキーやブランデーを注いでみる。高級感と色っぽさが加わり、ぐっと洗練された印象になるだろう。高級なBarで楽しむような、最高純度の水でつくられた透明な氷が入っているかのように輝き、キンキンに冷やしてキレを高めたように見える。この昇華されたビジュアルがいつもよりおいしく感じさせてくれる。
ハイボールグラスにビールを注いでみる。缶ビールがこんなにおいしそうに見えるグラスは他にないかもしれない。グラスを持ったときのやわらかい手触りは、まるで北欧の大自然のなかで氷のオブジェを鑑賞しているかのように優雅である。

グラス一つで最高のBarタイムを演出

しかしながら、ウルティマツーレの美しさは側面だけではない。目にする機会は少ないかもしれないが、実は底面の装飾も美しいので、透明な飲み物を入れたときの真上から見る姿も楽しい。いつもの水も、上品でおいしく感じられるにちがいない。
そして、飲み口が薄く仕上げてあり、口当たりが良いのもウルティマツーレの特徴である。
カルティオやアイノ・アアルトなどと比べると、iittala(イッタラ)のグラスのなかでは繊細なつくりであろう。日常使いには少し抵抗がある方もいるかもしれないが、ぜひ一度、ウルティマツーレの実力を試してみてほしい。その美しさと口当たりの良さに、きっと虜になるだろう。
特別な日の、特別な飲み物をより特別なものにしてくれる。そして、いつもの日の、いつもの飲み物だって特別なものにしてくれる。ワンランク上のアルコールグラスである。味覚に加えて視覚・触覚でも酔える、極上のBarタイムを楽しんで欲しい。

このページで紹介しているアイテム(イメージ写真には、一部日本でお取扱いのない商品が含まれている場合がございます)