New Item

2018春の新色「アクア」「モスグリーン」を使ったカラーガラスのアイテムが加わりました

「森と湖の国」と呼ばれるフィンランドらしい、モスグリーンとアクアの新しいアイテムが加わりました。

モスグリーンは、エレガントでありながら親しみやすく合わせやすい、イッタラのカラーライブラリーに古くからある伝統色。
新緑の訪れを待つ季節、フィンランドの森で雪の合間からのぞく深いグリーンを思い出させます。
豊かな水を想わせるアクアは、光溢れる春に向けてわくわくする気持ちを盛り上げてくれます。
アクセントカラーには北欧の短い夏に咲く花をイメージしたペールピンクをプラスして、ユニークなカラーコンビネーションをインテリアやテーブルシーンのスパイスに。

イッタラのカラーガラスとともに、日々の暮らしの中でもっと色づかいを楽しんでみては?
色の組み合せは無限。あなたらしいカラーコンビネーションをお楽しみください。

一覧はこちら▼
https://www.iittala.jp/products/list.php?category_id=19

カステヘルミ

フィンランド語で「露のしずく」を意味するカステヘルミ。
朝日を浴びて、まるで連なる真珠のようにきらめく朝露にインスピレーションを得てデザインされました。
今回は、新色のボウルやプレート等に加え、新たに154mmサイズのベースがラインナップに加わります。

アルヴァ・アアルト コレクション

フィンランドを代表する近代建築/デザインの巨匠、アルヴァ・アアルトにより1936年に発表されたベースは、世界で最も有名なガラス作品のひとつであり、フィンランドデザインの象徴ともいわれています。
流れるような有機的なフォルムのモチーフは、フィンランドの湖の形、白樺の根本付近の断面形状など諸説存在します。
何も飾らずオブジェとして成立する美しいデザインが、新緑を思わせるモスグリーンと、みずみずしいアクアで登場いたしました。

カルティオ

2018年に誕生60周年を迎えたロングセラーシリーズ。
余分なものをそぎ落としたエッセンシャルなフォルムは、時代を超えて愛され続けています。
カラーガラスを知り尽くしたイッタラならではの、多彩かつ絶妙なカラーバリエーションに新色が加わりました。

ルーツ

フィンランド語で「ひし形」を意味するルーツ。
シンプルなフォルムながら、最も熟練した職人による高度な技術が必要とされ、手吹きで鋳型で成形された後、手で磨いて仕上げられます。
ひとつひとつがイッタラのガラス工房で7人の職人により24時間かけて創りだされた究極のマスターピースが、アクアとレイン、新たな2色で登場です。

エッセンス

ラディショナルとモダン、デイリーユースとフォーマルのバランスを追求したエッセンス シリーズから、その名の通り、あらゆるシーンにユニバーサルに対応するグラスが登場。
スムージー、ビネガードリンク、アイスティー、ビールなど、日々の様々なドリンクシーンにさりげなく寄り添います。

アイノ・アアルト アクア

アイノ・アアルトは、現在発売されているイッタラのアイテムの中で、最も長い歴史を誇るロングセラー。
リング状のデザインは水の波紋にインスピレーションを得て1932年に誕生し、様々な飲み物に対応する汎用性の高さ、積み重ねて収納できる実用性の高さや持ちやすさ等の機能性も兼ね備えたデザイン。

流行に左右されず、時代を超えて愛され続けるデザインから、期間限定で新色アクアが登場いたします。

アニュアル 2018

毎年発売される、人気のコレクターズコレクション。
2018年は光り輝く大海原を想わせる、鮮やかなブルーとシルバーグリーンを基調としたデザインで登場いたしました。
ひとつひとつに2018年の年号とデザイナーのOiva Toikkaのサインが刻印された、全て手吹きで仕上げられるアートピースです。

このページで紹介しているアイテム(イメージ写真には、一部日本でお取扱いのない商品が含まれている場合がございます)