Lifestyle

キッチンの整理収納術

使いやすいキッチンとは

収納がたっぷりあれば片付くというのは、実は幻想に過ぎない。
狭くても広くても、出して使ってまた戻すという作業を繰り返し行うという条件は一緒だ。
狭いキッチンのいいところは、収納に限りがある分管理がし易く、動線が短いから整理整頓がラクで、掃除も簡単。
本当に自分に必要か、好きなデザインか、尚且つ大切に長く使いたいと思えるか、
それらを基準に吟味して選んでいくと、自ずと収納に苦労しなくなるはず。
スペースに余裕が無ければ無い程、切迫感がある為、その選択はかえって容易になる。
キッチンは料理をする場所。調理が捗るように、片付けのハードルを下げてみよう。
壁にポールやフックを取り付けたり、見過ごしがちな棚の側面も活用したりすることで、
モノが出し易く戻し易くなり、作業の効率はぐっと上がる。
幾つかのコツさえ掴めばモノが見えている状態でもすっきり見せることは十分に可能で、
扉や引き出しの数が少ないことはそれほど大きな問題ではない。
キッチンにおいて「見える収納」をおしゃれに実現させる為には、
モノの色が空間に合っていて、用の美を備えているかどうかが重要なポイントとなる。
色だけでなく、モノの質感や高さも揃えると統一感が出て洗練されて見えるから、是非意識してやってみてほしい。

ちょっとした整頓で前向きに暮らしを愉しめるように

たとえば、よく使うステンレスのキッチンツールはキッチンの壁に横一列に吊るす、
包丁も壁付マグネットでずらりと整列、
木の道具は長さを揃えて筒に立てて収いコンロ近くに、
白い食器は一群にしてまとめて置き、ふきんやクロス類も同色で揃えまとめてガラスの器に入れてみる。
使うところに使うものを収うことを基本とし、使用頻度の高いモノはできるだけ近くに。
狭いことをマイナスに捉えず良い面を見つけて享受し、モノ選びにこだわりを持つことを忘れずに。
実用的で毎日見ていても見飽きないシンプルな美しさを持った道具たちを見える場所に置く事で、
毎日の料理もきっと楽しくなるだろう。
前向きに暮らしを愉しむ姿勢が、創造力を働かせ、あなたの暮らしを快適にしてくれる。

このページで紹介しているアイテム(イメージ写真には、一部日本でお取扱いのない商品が含まれている場合がございます)