Table time

心地良いテーブルウェアさえあれば、自宅で過ごす時間が特別なひとときに。

予定のない週末は、ゆっくりと目覚めて部屋の掃除や洗濯などの家事をひと通り終えたら、もう遅めのランチの時間。
ランチをしながらお酒を楽しむ午後なんて、最高に贅沢だ。 

好きな映画を見るのもいいし、音楽を流しながら読書をしたり、物思いにふけってみたり、ただただぼーっと過ごすのもいい。
新しい季節に向けての買い物リストを考えてみるのも、心がワクワク踊りたくなるもの。

そんな風に過ごすとき、かっちりとしてオーセンティックなフォルムのグラスは、よそゆき感が強く、なんだか不釣り合いな感じがしてしまう。
そこで手に取りたくなるのは、低めの脚がついたグラスや、デザイン性の高いガラスのテーブルウェア。

脚のついた大人っぽいシルエットには、パーティーシーンに華やぎを添える特別感がありながら、安定感のある高さはゆったりと過ごす休日の午後の空気にぴったりだ。

ウルティマツーレのどっしりとしたフォルムはなんだか心を落ち着かせてくれ、高さがない分、日常の様々なシーンにしっくりなじんでくれる。
アイスクリームを盛ってデザートの器として使ったり、炭酸水やジュースなど、いつものドリンクを飲む時にも活躍してくれる。

ガラスというと、夏の涼しげな印象が先行しがちだけれど、冬、暖かな部屋でくつろぎながらガラスの食器で楽しむお酒やティータイムは、なぜか不思議と温もり感じさせてくれる。
そんな風に窓の外の景色とテーブルウェアをコーディネートしてみるのも面白いものだ。

季節を意識した時間作り、食器使いへのこだわりは、ただ帰る場所だった自宅を、くつろぐための自分の居場所へと変えてくれるはず。

このページで紹介しているアイテム(イメージ写真には、一部日本でお取扱いのない商品が含まれている場合がございます)