Table time

おしゃれが分かる大人だからこそ楽しみ尽くせる、シンプルを究めたテーブルウェア

おしゃれに関してよく言われるのが、20代は経験して積み重ねていく世代だということ。
シーズンごとにさまざまなおしゃれを楽しむべきだし、そこから多くの失敗を経験して学んでいくのが20代だ。
そうやってたくさんのものに触れることで、30代に入り、削ぎ落とすべきものが見え、シンプルに回帰していくという。

このセオリーはファッションに限られたことではない。
日々の暮らしを彩るインテリアや食器においても同じように言えるのではないだろうか。

たとえば、毎日必ず使う食器。
朝食ひとつとっても、いつもはトーストにオムレツ、グリーンサラダにコーヒーだけれど、週末は焼き魚にご飯とお味噌汁といった和食が食べたくなることもある。
家族それぞれ食事の好みが異なる場合もあるし、一人暮らしでも日によって食べるものは違ってくる。そんなときにあると便利なのが、シンプルな食器だ。

どんなシーンでも使いやすいのが丸型のプレート。特に23センチほどの大きめサイズは一枚あると便利。
ごはんと数種のおかずを盛りつければ、カフェのようなワンプレートディッシュに仕上がるし、後片付けも簡単。
夜遅く帰宅した日の晩ごはんや、手軽に済ませたい週末のランチにぴったりだ。

15センチほどの小さなプレートなら、デザートプレートとしてはもちろん、副菜の盛り付け皿にぴったりのサイズ感。
色違いでいくつか揃えておけば、ホームパーティーや、パートナーや家族とテーブルを囲む際の取り皿にもなる。
小ぶりなボウル一つあれば、朝のフルーツから昼のサラダ、夜の副菜まで日々さまざまなシーンで活躍してくれる。

シンプルって究極的だけれども、ファッションにおいてもインテリアや食器においても、使う人の個性がでるもの。
だからこそ、大人になってその良さがわかるし、シンプルなものを使いこなすことで暮らしや生き方に「自分らしさ」がにじみ出てくる。
そんな風に、毎日を豊かにしてくれるテーブルウェアで日々の食卓を彩ってみてはどうだろうか。

このページで紹介しているアイテム(イメージ写真には、一部日本でお取扱いのない商品が含まれている場合がございます)