24時間限定 ティーマ 特別価格 ~7/24 11:59まで

Table time

お気に入りのマグで始める、冬の朝対策

体の芯から冷える冬の朝。ほんの少し気合いを入れて体を起こし、上着を羽織って布団から出る。
暖房をつけると同時にポットにお水を入れて火にかけ、しばし我慢。お湯が沸く頃には部屋もほんのり暖かくなっている。
お気に入りのマグに注いだ白湯。ゆっくりと時間をかけて飲むことで、じんわり体が温まってくるのを感じる。

朝一番に白湯を飲むことで、内臓が温まり、胃腸の働きもよくなる。
ゆっくりと少しずつ飲んだら、30分ほど時間をあけて朝食をとると良いんだとか。
胃腸が温まってから食事をとると、消化もよくなり、お通じもスムーズに。

たっぷりのお湯を沸かして朝の一杯を注いだら、残りは保温ポットに入れておき、1日3回に分けて飲む。
そのまま飲むだけでなく、気分に合わせてフレーバーをプラスすると、毎日飽きずに楽しめる。

さわやかな気分で1日をスタートしたい朝におすすめなのが「レモン白湯」。
いつもの白湯にレモンのスライスを1枚入れるだけ。
ビタミンCやクエン酸が摂取できるのはもちろん、レモンのさわやかな香りでリフレッシュすることができる。

風邪のひき始めや特に冷えが気になる朝には、「ジンジャー白湯」を。
いつもの白湯にジンジャーパウダーを2〜3振りするだけで血行がよくなり、体がぽかぽかしてくる。

気持ちを落ち着かせたい朝のおすすめは、「ローリエ白湯」。
煮込み料理の臭み消しに使うことの多いローリエは、買い置きしているという方も多いのでは。
いつもの白湯にローリエを1枚、スーッと鼻を抜ける爽快感で気持ちもすっきりする。

白湯が飲みにくいと感じるときは、はちみつを少したらすのもおすすめ。
はちみつはさまざまなスパイスやハーブ、フルーツと相性が良く、適度な甘みが加わって飲みやすくなるので、ぜひ試してみてほしい。

白湯で始める朝時間。毎日続けることで、代謝もあがり、むくみもとれるような気がする。
明日はいつもより少し早起きして、お気に入りのマグとともにチャレンジしてみては?

このページで紹介しているアイテム(イメージ写真には、一部日本でお取扱いのない商品が含まれている場合がございます)