Lifestyle

忙しい毎日だからこそ大切にしたい。キャンドルを灯して自分と向き合う”ひとり時間”

夜、その日一日を振り返ってみる。
仕事でデスクに座りっぱなしだった自分。家族のために忙しく動き回っていた自分。ふと空を見上げて、今日もあっという間に終わってしまったと、ため息をつくこともしばしば。

仕事や家事、育児に追われ、いつのまにか頭の中は“やりたいこと”よりも“やらなければならないこと”であふれがち。そんな毎日の中では、自由に好きなだけ時間を使えることがなによりも贅沢に感じられるもの。
忙しい毎日だからこそ、一日ほんの10分だけでも、自分のためだけに過ごす“ひとり時間”を大切にしたい。

何気ない日常を自分だけの特別な時間に変えたいとき、いつもの照明の代わりにキャンドルで優しく照らしてみて。オレンジ色に揺らめく灯りがくつろぎのリラックスタイムを連れてきてくれる。

ガラスのキャンドルホルダーにキャンドルを入れて火を灯す。これが日常から“ひとり時間”へと気持ちを切り替えるスイッチ。ガラスのキャンドルホルダーからこぼれる灯りはあたたかく、その不規則な揺らぎには、不思議と心を癒してくれる力がある。

キャンドルホルダーのガラスの色も、気分に合わせて選ぶと、“ひとり時間”の楽しさをより盛り上げてくれる。明日に向けて心をすっきりと落ち着けたい夜にはブルーやグリーンなどの寒色系、一週間頑張った自分を労いたい週末にはオレンジやピンクなどの暖色系がおすすめ。様々なカラーのキャンドルホルダーを並べれば、ステンドグラスのようにカラフルでおしゃれなインテリアにも。キャンドルの灯りに照らし出されるガラスの色に包まれるうち、気持ちは自然とゆったり切り替わっていく。

今宵は、お気に入りのカップに好きなドリンクを用意したら、キャンドルを灯してゆったりと過ごしてみよう。一日の疲れを癒してくれる、特別な“ひとり時間”。ゆらめく灯りを見つめるうちに心がほぐれ、穏やかな気持ちで満たされていく。その先には、心地よい眠り、そして充実した明日が待っているはず。

このページで紹介しているアイテム(イメージ写真には、一部日本でお取扱いのない商品が含まれている場合がございます)