Lifestyle

週に一度のプチ贅沢を愉しむ

家族と家でゆったり楽しむ時間こそささやかな贅沢

雑事に追われがちな毎日だけれど、週に一度くらいは普段頑張っている自分にご褒美をあげたい。
たくさんお金をかけずとも、わざわざ出かけなくても、ちょっとした工夫とひと手間でそれは可能だ。
たとえば、家族で過ごす週末に、子どもと一緒にクッキーを焼いてみる。
コーヒーを丁寧に淹れ、いつもより少しだけ上等のカップに注ぎ、
焼き上がったクッキーをとっておきのお皿に盛ってみてはどうだろう。
質の良い什器は生活を豊かに彩り、心に華を添えてくれる。
大切な人とおしゃべりしながら、焼きたてのクッキーを頬張る幸せ。
それは、かけがえのない贅沢な時間だ。
何気ない平時の中にこそ、本当の幸せがある。
おしゃれなカフェやレストランに出かけたり、高級な食材を買って気合いを入れて何時間もお料理しなくたっていい。
コンビニエンスストアやスーパーで買って来たお惣菜だっていいのだ。
手軽でリーズナブルなデリやスイーツも、お気に入りの器に飾るように並べれば、それだけで見栄えがするし、御馳走になる。

食卓演出で味わう非日常感

調理に時間をかけない分、コーディネートに気を遣ってみると、新しい発見があったりして、その作業がまた愉しいものになるから、是非試してほしい。
また、夕食時にキャンドルを添えるのもオススメだ。
サルパネヴァで煮込むシンプルで気取らないスープや、オーブンで焼くだけの気軽なグリル料理も、テーブルに色とりどりのキビを灯し、ナイフとフォークをセッティングして、とっておきの器でいただけば、とびきりムーディーで贅沢な時間になる。
自分だけのプチ贅沢な時間、それは工夫と演出次第。

自分にしかつくり出せない寛ぎの空間は、自身はもちろん、一緒に過ごす大切な人の心にも、栄養を与えてくれるに違いない。

このページで紹介しているアイテム(イメージ写真には、一部日本でお取扱いのない商品が含まれている場合がございます)